ヘッダー画像

1F BLOG

2017年02月16日

ジュニアユース世代のトレーニングを考える

先週末の2日間は福岡で開催された、

ジュニアユース育成トレーニング概論

スポーツトレーニング学・スポーツ運動学」のセミナーに参加してきました。

 

tee-ball-334661_640
講師は、小俣よしのぶ先生

 

ジュニアユースを対象とした育成からフィジカルトレーニング,運動学習などをテーマに、講演やセミナーをはじめ、社会主義国のスポーツトレーニングシステム(東独、キューバなど)、強化システム,ジュニアユースからトップ選手までの適性選抜システムなど広く研究されている先生です。

 

以前より話を伺ってみたいと思っていた先生のセミナーです。

九州方面ではなかなか開催が無いセミナーともあり、2日間はトレーニング指導者、教育関係者など多数の方が参加されていました。

 

ジュニア期のトレーニングでは、今や知らない人はいないと言われるぐらい有名な「ゴールデンエイジ理論」。

 

ジュニア向けのスポーツクラブやスポーツ教室などでも様々な取組みが行なわれており、小学生ぐらいのお子様を持つ保護者の方も、この時期の運動への取組みは特に関心を持たれている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、表面的な事ばかりがクローズアップされているこのこのゴールデンエイジ理論。

背景をきちんと理解しないまま、今の結果ばかりに目を向けてしまうと将来ある子供達ちの可能性を潰してしまう危険性も秘めています。

 

小俣先生が書かれた記事が以下のサイトからも閲覧が出来ますので、興味のある方は是非閲覧してみてください。

 

スポーツ指導の常識「ゴールデンエイジ理論」を疑え

スポーツをすると「スポーツが下手」になる

子どもの可能性を守る、ジュニアスポーツの新常識「成長特性」を知る。

子どもの「運動スキル」を指導するための3つのポイント

ジュニアスポーツ選手はいつから競技特化すべきか?

スポーツ上達の近道は、「運動体験」を増やすこと

今、力のある選手を「ひいき」するとチームは伸びない

 

2日間のセミナーでは、上記記事に関連するジュニアユース世代の育成おいて、忘れては行けない内容をはじめ、スポーツ運動学、トレーニング学の歴史背景、またそれに紐づいたジュニア期の運動体験の重要性などについて非常に濃い学びができました。

 

保護者の方をはじめ、

スポーツ指導者、学校先生方など

ジュニア期のトレーニングにご興味のある方は、

&GRACEでもトレーニング指導のお手伝いさせて頂きますので、

是非お気軽にお問合せください。

 

それでは。

—————————————————————–

トータルボディケア &GRACE

http://www.grace-refle.com/

info@grace-refle.com

住所:福岡県北九州市若松区

小敷ひびきの3丁目3−8−D

TEL:093−741−3235

—————————————————————–

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved