ヘッダー画像

1F BLOG

2015年09月23日

腰痛と腰に負担がかかる姿勢

日本人男性が普段抱える

自覚症状の中で最も多いとされる「腰痛」。

(女性では1位が肩こり。2位が腰痛)

※国民生活基礎調査より

 

その80〜85%以上が原因が特定されていない、

いわゆる慢性型腰痛(筋筋膜性腰痛)です。

 

腰痛の要因には幾つか考えられますが、

・腰に負担がかかる姿勢の繰り返し

・長時間に及ぶ同一姿勢

・運動不足によるもの

(腹筋や背筋等の筋アンバランス)

・日常生活の癖

・冷え症

・精神的なストレス

など

 

その中の「腰に負担がかかる姿勢」を、

姿勢別に見てみると

1番目にリスクが高いのが、座位前屈み姿勢

2番目にリスクが高いのが、直立前屈姿勢

 

3番目にリスクが高いのが、イスに坐った姿勢

そして

4番目にリスクが高いのが、直立姿勢

そして横になった姿勢という具合になります。

 

4番目の直立姿勢での負荷を1とすると

座位前屈み姿勢は2.75倍も椎間板内圧が高く

なると言われています。

 

 

images

 

イスに座った姿勢が直立姿勢よりも高くなる事が

意外と思った方も多いのではないでしょうか?

普段デスクワークが多い方などは要注意ですね。

 

この様に腰へ過度な負担をかけてしまう姿勢を

長時間継続、繰り返しする事によって

背骨や骨盤に歪みを生じさせ、

腰背部の筋肉が次第に硬くなり、

結果的に腰への痛みとして表面化してくる事になります。

 

腰痛へのリスクを少し低下させる為にも

普段の生活の中で、姿勢を少し意識しながら、

取組んでみてはいかがでしょうか?

 

生活様式を変更していく事はなかなか難しいですが、

少し意識するだけでも状況は変わっていくと思います。

 

 

それでは。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
トータルボディケアサロン &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8 SOLD-D
TEL:093−741−3235
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved