ヘッダー画像

1F BLOG

2015年09月25日

関節を動かした時になる音

カラダを急に動かした時に

関節が軽く「ポキッ!」と

音がなる経験をされた方は

いらっしゃると思います。

 

実は私もたまに鳴りますが、

よくこの音について

質問を頂く事があります。

 

この関節音(クリック音)について

少し記載したいと思います。

 

音の物理的なメカニズムはまだはっきり解明されていない。

 

実際のところまだはっきりとした

原因が解明されていない

というのが現状ですが、

幾つかの理論が存在する様です。

 

解剖学的に見てみると・・

9888cdcb

 

まず、

関節は骨と骨を関節包と呼ばれる

袋に覆われています。

 

その下に

骨膜と呼ばれる

骨の保護や栄養補給を行う膜があります。

 

さらにその下には、

関節腔という僅かな隙間があり、

滑液という関節の動きを

円滑にしてくれる液体が満たしています。

 

この事を念頭において

クリック音の理論が幾つか存在します。

 

理論1

関節を曲げ伸ばし、

物理的な力が働くと

関節腔の容積が増し、

関節内部の滑液の圧力が

一次的に低下し、

気泡の様な空洞部分が形成され、

下がった圧力を戻そうとする力によって

瞬間的に滑液が一気に隙間へと

流れ込み音がなる。

 

理論2

関節腔内にあった空気が

素早く弾ける事で音がなる。

 

理論3

靭帯の急激な伸張によって

音がなる。

 

理論4

関節内に出来た癒着が

剥がれる事によって音が鳴る。

 

現段階では理論1が最も正しい

のではないか?と言われていますが、

 

この音は一度鳴らすと

同じ部分を再び鳴らすまでに

約40分かかると言われています。

 

たま〜に音がなる程度であれば、

問題ない様ですが、

習慣化してくると

関節内部の損傷を起こす

可能性もあるみたいなので注意。

 

また、子どものころに

良く手の指をポキポキと

鳴らすと指が太くなるなど

言われていましたが、

実際に損傷を受けた関節軟骨を

修復する為に関節が肥大化してくる事も

可能性としてはある様です。

 

通常の「クリック」音では、

痛みを伴わないケースが大半だと思いますが、

もし「ゴリゴリ」と音を立てて

痛みを伴うのであれば、

筋肉のアンバランスなどの要因により

関節がスムーズにハマっていない、

または

関節軟骨の減少なども原因として

考えられます。

 

一度近くの病院にてレントゲンを

撮って頂く事もオススメです。

 

音が鳴るのみで、痛みが伴わない

という事であれば、

運動制限は特に無いと思いますが、

普段よりしっかりとストレッチなどを行い、

スムーズな関節の運動が出来る様に

心掛けてみてください。

 

正しいストレッチの方法などが

分からない様であれば、個別にレッスン等も

行っていますので、ご相談ください。

 

それでは。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
トータルボディケアサロン &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8 SOLD-D
TEL:093−741−3235
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

&GRACE内GROUNDRULE.が美容と健康の情報をお届けするブログ

北九州市の学術研究都市「ひびきの」にあるサロン&GRACEは、八幡西区折尾則松へと移転・リニューアルオープン致しました。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーや米国NASM公認資格など専門知識をもつトレーナー自らが、男性女性のパフォーマンスアップのための豆知識やトレーニングなどの最新情報をブログにて発信しております。お客様はもちろん、プロからジュニアアスリートまでが参考にできるお役立ち情報満載です。
当サロンの1Fではスポーツトレーナーによるパーソナルトレーニングやグループトレーニング、栄養コンシェルジュによる栄養相談、スポーツアロマトレーナーによるスポーツアロママッサージをうけることができ、2Fではエステやボディリンパマッサージ、タラソテラピーを使用したメニューなど美容を追求した女性専用サロンがございます。
&GRACEは、カラダ作りからお顔やボディの美と健康、心の癒しまでトータルにサポートさせていただくことができるサロンとなっておりますので、ブログを見て気になった方は是非足をお運びください。

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved