ヘッダー画像

1F BLOG

2017年01月30日

「北九州マラソン2017」医療救護従事者研修会に参加してきました

今年で第4回目となる北九州マラソン。

開催まで3週間弱となってきましたが、参加されるランナーの皆さん、調整は進んでますか?

 

img_panf_runner

 

当店も昨年に続いて、

「AED隊」として、

また、フィニッシュエリアにあるマッサージブースにて

「スポーツアロママッサージ」を担当させて頂くこととなりました。

当日は緊張感を持ちつつも、選手のみなさんとともに楽しみながら活動したいと思います!

 

今回は、その準備段階のひとつとして

先日行われた医療救護従事者研修会に参加してきました。

 

研修会では、当日の役割、行動の流れ等の確認をはじめ、

東京陸上競技会医事委員長の三橋先生(南古谷病院 外科部長)の講演などが行なわれました。

 

三橋先生の講演の中で、

過去10回開催されている東京マラソンで発生した病気やケガの統計的傾向の紹介が行なわれ、

その中で、場合によっては生命への危険も想定される内科的な要因のTOP3が

1位 疲労

2位 低体温

3位 脱水症

となっているという報告がありました。

 

特に2位の低体温については、一昨年の様に非常に寒い中で行なわれる事を想定した事前対策行動認識とても大切となります。

 

走行前)

暖かい服装で参加すること

着替えやタオルを用意すること

 

走行中)

濡れた体をこまめに拭くこと

必要であれば乾いた服に着替えること

 

走行後)

冷気を避け暖房のあるところに移動すること

暖かい飲み物や食べ物をとること

 

 

自身のコンディショニング調整はもちろん、環境的要因対策にも

しっかりと準備し、取り組んでみてくださいね。

 

 

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2016年12月15日

トレーニング施設見学(FLUX CONDITIONINGS、R-body Project)

先日の東京出張を利用して、トレーニング施設の見学をしてきました。

 

はじめに伺ったのは、渋谷区猿楽町にある「FLUX CONDITIONINGS」さん。

 

代官山駅から徒歩5分ほどの場所にあるスタイリッシュなトレーニング施設です。

img_1186_2

 

こちらは水泳平泳ぎ金メダリスト、北島康介さんが代表をつとめる【PERFORM BETTER JAPAN】がプロデュースに参画した施設。

北島康介さん自身も1Fで総合型スイムトレーニング施設「AQUALAB」をプロデュースしています。

ほかにも同建物内には健康的な食事が楽しめるCAFEや

極真会館道場、指圧センターなども入っており、トレーニング、栄養、休息の全てが揃った環境でした。

 

1F〜4Fまですべて見学させていただきましたが、設備の充実度はもちろん、非常に洗練された雰囲気の素晴らしい施設でした。

 

【トレーニングエリア】

img_1185_2

 

【1F CAFE】

img_1182_2

 

 

【CAFEで偶然にお会いする事が出来た北島康介さんと】

img_1181_2

 

 

続いて訪問させて頂いたのは、恵比寿と大手町に2店舗構える「R-BODY」さん。

 

R-BODYさんは日本でいち早くスポーツ医科学に基づいた最先端のエクササイズをアスリートから一般の方々へ広く提供した草分け的存在です。

 

【恵比寿店】

img_1209_2

 

【大手町店】

img_1179_2

 

代表の鈴木岳.さんは、全日本スキーフリースタイル(モーグル)チームの専属トレーナや

リオ五輪でも本部メディカルスタッフとして帯同されるなど、様々な現場で活躍されています。

この日もトップアスリートの方がトレーニングを受けていました。

 

今回R-BODYさんでの一番の目的は、私自身の身体の評価とその結果からカスタマイズされた

パーソナルトレーニングメニューの体験でした。

 

普段、なかなか自分の身体を客観的に評価してもらう機会は少ないので、楽しみにしていた体験メニュー。

結果、新たな発見と今後の課題もみつかり、改めてFMS等を含めた評価からトレーニングに繋げるシステムの素晴らしさを実感しました。

 

 

今回の施設見学やトレーニング体験は、自分自身への良い刺激にもなり、

また、アメリカで一緒に時間を過ごした方々との再会もあり、とても充実した時間となりました。

 

今後も機会を見つけ、たくさんの良いものに触れて吸収していきたいと思います。

 

 

おまけ。。。

 

【7月の米国ツアーでご一緒させて頂いたFULUX CONDITIONINGSゼネラルマネージャー湯本さんと】

img_1176_2

 

【大手町店:同じく7月の米国ツアーでご一緒させて頂いたR-BODYの荒井さんと】

荒井さんはファッション紙GQJAPANの今月号に登場していました。

img_1177_2

 

【恵比寿店:今回私のパーソナルトレーニングを担当して頂いたR-BODYの松野さんと】

img_1203_2

 

みなさん、色々と親切に対応して頂きありがとうございました。

 

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2016年12月07日

SFMAを学んで来ました

最近は外に出て学ぶ機会が多くなっています。

先週末は東京で開催されたSFMA(Selective Functional Movement Assessment)セミナーを受講してきました。

 

SFMAとは動作を基準とした評価システムで、動作パターンから、論理的に動きの制限や痛みの原因となっている問題を絞り込んでいくものです。
img_1208_2

 

日本国内では昨年末よりセミナーが開始されましたが、年に2、3回程の頻度でしか開催されておらず、まだまだ貴重なセミナーとなっています。

今回の会場には我々アスレティックトレーナーや理学療法士、柔道整復師、パーソナルトレーナーをはじめ約50人ほどのスポーツ医療の方が全国各地より参加していました。

15317839_1820840031531236_7949780246943919025_n

<写真:FMS Japanより>

 

現在、当店ではトレーニングスタート時やトレーニングによる動作の変化の確認としてFMS(Functional Movement Screen)を活用したスクリーニングを行なっていますが、動作パターンにおいて機能的な問題や痛みが発覚した際にSFMAを活用して、痛みの原因となっている問題を絞り込んでいくことが可能となります。

 

一般的に痛みや機能障害を対象とした時には、解剖学的な情報や医療的診断方法から問題となる部位の可動域や筋力等を測定し、局所的に視ていくケースが殆どですが、我々運動指導者にとって実際にはそれだけでは不十分なケースが大半です。

 

今回学んだSFMAでは、症状の原因となった部位の問題を動作パターンから論理的に分解していくことが可能となり、症状の出ている場所ではなく症状の原因を究明していく事が可能なアプローチが出来るという点で大変優れています。

 

今までスポーツ等でケガをなんども繰り返してきたという方や
慢性的な肩や腰の痛みで悩みを抱えている方などにとって、非常に強い味方になると確信しています。

 

2日間かけて受けた今回の情報量は膨大でもう少し自分の中で整理が必要ですが、早く皆さんのお役にたてる様にしっかりと自分のものにして行きたいと思います。

 

img_1205_2

 

&GRACEでは競技力向上やケガからの復帰の為のトレーニングをはじめ、日常生活において自分のカラダをストレスなくコントロールしたい、今よりもっと良いコンディショニングで快適な生活を送りたいという方へのパフォーマンスアップを目的とした取組みもおこなっています。

 

また、チーム等への出張も行なっておりますので、お気軽に下記までご連絡ください。
—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2016年10月12日

高校日本一を勝ち取ったトレーニングの取組み

先日の日曜日はお休みを頂き、

熊本市東区にある「うまなか・よかスタジアム(通称:うまスタ)」で行なわれた、

JATI(日本トレーニング指導者協会)九州・沖縄支部ワークショップに参加してきました。

 

こちらのうまスタは熊本県民総合運動公園内にある競技場で、

ロアッソ熊本のホームにもなっています。

緑に囲まれた非常に広い敷地内にあり、素晴らしい環境でした。

 

 

img_1150

<うまなか・よかスタジアム>

 

img_1147_2

<スタジアム内の地下練習場>

 

img_1148_2

img_1153_2

<研修があったスタジアム内の地下トレーニング施設>

 

今回参加させて頂いたセミナーは、

高校生アスリートに対する現場でのトレーニング指導

〜日本一を勝ち取った実際の取組み〜」というテーマで、

山口県立岩国工業高校ハンドボール部及びフェンシング部の

ストレングス&コンディショニングコーチとしてサポートをされている田中典也さんが

実際に現場で行なっているトレーニング指導内容や考え方などを

講義と実技を通してシェアして頂ける貴重な機会となりました。

 

我々も様々な勉強会等に参加しますが、実際に現場で工夫しながら活用されている

内容を伺えるセミナーは非常に参考になります。

 

今回も、

なぜそのトレーニングを行なうのか(Why?)

どのように行なっているのか(How?)

など、興味深い話をたくさん学ぶ事が出来ました。

 

強くなるためには、競技そのものの技術や戦術など、いわゆるスキル練習は勿論重要ですが、

その土台となる身体的、体力的要素(筋力、パワー、筋持久)も同じ様に重要です。

 

部活動等での限られた時間内にフィジカル面の時間を多く費やす事は難しいですが、

ケガをしない」「パフォーマンス向上という視点からみても是非、計画的に取り組んで頂きたいトレーニングだと考えています。

 

岩国工業高校のハンドボール部、フェンシング部はインターハイや国体をはじめ

全国でトップクラスの実力を持つ名門チームですが、

普段からフィジカル面のトレーニングにも真剣に取り取り組まれている事が

チーム力の底上げに繋がっているということも改めて実感する事ができました。

 

午後からは実際に取り組んでいる内容を実技講習として体験させて頂きました。

実際に行なった内容はごく一部ですが、かなりハードなものもあり、汗だくとなりました。

その中でもきちんとトレーニングの基本要素が考慮されプログラム化されている点は大変参考になり、とても有意義な時間となりました。

 

img_1155_2

 

 

&GRACEでは、専門教育を受けた高い技術と知識、志を持ったトレーナーが

部活動やチームへのトレーニング指導にも取組みを行なっています。

当店で行なっているパーソナルトレーニングでの個人セッションをはじめ、

チームのパフォーマンスアップからコンディショニングサポートにも

対応を行なっています。

 

是非お気軽にお問合せください。

 

それでは。

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2016年09月01日

中学生陸上アスリートチームへFMS

本日より9月がスタートしました。

台風の影響もありここ数日は少し涼しくなってきましたが、

気象庁予報では今後3ヶ月も平年より気温が高い日が多いとの事です。
【運動・栄養・休息】それぞれのバランスを整え、体調を崩さないように気をつけましょう!

 

話は変わって。

 

当店のパーソナルトレーニングでは、

【FMS(Functional Movement Screen)】を活用した動作のスクリーニングを実施しています。

 

IMG_0539_2

 

先日のブログでもご紹介した高校バスケット部へのFMSに続いて、

地域陸上クラブの中学生アスリートの皆さんへ出張でFMSを実施してきました。

 
IMG_1125_2

 
IMG_1127_2

 

FMSでは7つの基本動作パターンによって、

スポーツの土台となる動作の質をスコア化し、ケガのリスクとなる要素を選別していきます。

 

子供たちは慣れない動作に四苦八苦していましたが、それぞれが今までなんとなく感じていた自身の柔軟性や安定性などの課題をFMSを通して自分なりに気づきを得たのではないでしょうか?

 

既にアメリカではNBA,NFL,MLBなど多くのプロチームやナショナルチームが選手のメディカルチェックとして導入しているFMS。日本国内でも、プロアスリートをはじめ、少しずつスポーツ選手やフィットネス分野へ導入される様になってきました。

 

先日のリオ・オリンピック女子3,000m障害で銅メダルを獲得した、アメリカのエマ・コバーン選手もFMSを取り入れていたそうです。

RIOEC8F14HAU2_768x432

<google>

 

普段の練習ではタイムや点数、トレーニングではウエイトの重さや走った時間・心拍数などにとらわれがちですが、これらの土台となる運動機能に目を向け、ベースとなる動作をしっかりトレーニングしていく機会を持つ事も、これからの長い競技人生を考えるととても大切です。

 

 

スクリーンショット 2016-08-01 15.25.47

 

FMSは当店のパーソナルトレーニングで実施しておりますが、

チーム等への出張も相談に応じて対応が出来ます。

 

お気軽にお問合せください。

 

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

&GRACE内GROUNDRULE.が美容と健康の情報をお届けするブログ

北九州市の学術研究都市「ひびきの」にあるサロン&GRACEは、八幡西区折尾則松へと移転・リニューアルオープン致しました。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーや米国NASM公認資格など専門知識をもつトレーナー自らが、男性女性のパフォーマンスアップのための豆知識やトレーニングなどの最新情報をブログにて発信しております。お客様はもちろん、プロからジュニアアスリートまでが参考にできるお役立ち情報満載です。
当サロンの1Fではスポーツトレーナーによるパーソナルトレーニングやグループトレーニング、栄養コンシェルジュによる栄養相談、スポーツアロマトレーナーによるスポーツアロママッサージをうけることができ、2Fではエステやボディリンパマッサージ、タラソテラピーを使用したメニューなど美容を追求した女性専用サロンがございます。
&GRACEは、カラダ作りからお顔やボディの美と健康、心の癒しまでトータルにサポートさせていただくことができるサロンとなっておりますので、ブログを見て気になった方は是非足をお運びください。

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved