ヘッダー画像

1F BLOG

2016年03月20日

子どもの腰痛

腰痛というと大人や高齢者と考えられがちですが、

小学生〜高校生までの発育期の子どもたちにも発生する事が多いと言われています。

 

 

shutterstock_139886530

 

子どもに発生する腰痛は以下の3つに大きく分類できます。

・筋肉疲労

・疲労骨折

・背骨の異常

 

○筋肉疲労

スポーツ等による疲労の蓄積から、

筋肉が炎症を起こし痛みとして現れます。

一般的に、筋・筋膜性腰痛と診断されることも多く、

原因がはっきりしない、大人にもよくある腰痛です。

 

対処としては、数日間安静にして、

ストレッチマッサージなどを取り入れながら様子をみていけば、

改善してくるケースがほとんどです。

 

しかし、次にあげる疲労骨折等の疑いの可能性もあることから、

痛みが継続する場合は病院で早めの検査をしましょう。

 

○疲労骨折

一般的には腰痛分離症とよばれる症状で、

上下に連なる腰椎の関節部(椎間関節の突起間部)にて連続性が絶たれた状態をいいます。

 

7152BA1F-EA60-43F5-A76E-9FBCA54AC392

 

過度なスポーツ活動により、

関節部の骨が疲労骨折を生じてしまった状態で、

悪化してくると、すべり症へと進展し、

神経を強く圧迫してくることもあります。

 

腰を反らしたり、回したりする場合に痛みを誘発するなどが特徴的な症状です。

また、運動をしていない普段は、痛みが無いというケースもあるので、

痛みの発生状況などを注意して確認してあげましょう。

 

○側弯症

背骨を横からみると、

横に曲がったり、捩じれたりしています。

 

CBE0FC8D-9199-4E7B-8516-85D3495760BB

生まれつきながらに曲がってしまっているケースや

突発性のケース、筋肉や神経の萎縮などによる変形など要因は様々です。

 

小学校でも定期的な検査が行われるケースがありますが、

立った姿勢から前屈みになり、肩甲骨の高さに左右差があるなど、

気になる様であれば、すぐに検査をしてもらいましょう。

 

腰痛の多くは、

過度な運動」や「筋力のアンバランス」、「姿勢や身体の使い方に問題がある

など複合的な要因が考えられるケースも多々あります。

 

特に成長期にかけて激しく運動をするケースでは、

クーリングダウン、

適度な休息、

正しい身体の使い方をする

など予防に向けた取り組みを行うことがとても大切です。

 

当店ではスポーツ障害の予防に向けて、

・姿勢チェックやストレッチ、

・身体の正しい使い方、

・悪い動作を修正するためのエクササイズ

など

パーソナルトレーニングで行っていますので、お気軽にお問合せください。

 

それでは。

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2016年01月22日

【姿勢チェック】反り腰・ポッコリお腹の方へ

 

過度にお尻が突き出していたり、

痩せているけどお腹がポッコリして見える

という方の中には、

普段からの姿勢の問題や

過度なトレーニングの代償などによって、

股関節や膝関節の動き(可動性)が悪化し、

骨盤が大きく前方へ傾斜しているケースがあります。

 

6AEE4C18-AA3E-446F-B03D-9F109640BAB7

 

この様な姿勢にある症状を下位交差症候群(ローワークシンドローム)

と呼ばれる事があります。

 

腰を大きく反らせるスポーツや

ハイヒールを良く履かれる女性にも多く見受けられます。

私が趣味として行っているうサーフィンも

パドルという姿勢の際に大きく腰が反ってしまうので注意が必要です。

 

tumblr_mc0t89RYAz1rpj4nbo1_250

 

この様に身体にとって無理な負担を継続させてしまう事で

・腰から背中にかけての脊柱筋郡の緊張

・腹筋群の筋力低下

・腿の裏にある筋肉(ハムストリングス)の筋力低下

・足関節が固い

・腿前面にある股関節筋群(腸腰筋、大腿直筋)の緊張

などが発生し、

骨盤のバランスが崩れて骨盤が前方に傾いてしまい、

腰が反った姿勢とお腹が出っ張った姿勢を慢性化してしまいます。

 

BA829AB6-736E-4EDF-B1F8-DD53AD916929

 

腰痛持ちの方にも多い姿勢ですね。

 

姿勢改善に向けた対策として、

・固くなった筋肉の柔軟性をストレッチや運動により高める事

・腹筋をはじめとした体幹筋群の筋力効果を図るエクササイズを行う事

などが大切になってきます。

 

日頃からストレッチによる柔軟性の向上

適度な筋力トレーニング

なども健康運動の一環として取り入れてみてください。

 

トータルボディケア&GRACEでも姿勢チェックから

体幹トレーニングをはじめとした運動指導などもサポート行っていますので、

気になる方はお気軽に連絡ください。

 

それでは。

 

————————————————————-
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
————————————————————-

2015年11月16日

腰が痛くて歩けない。ぎっくり腰の対処法

日中は軽く体を動かすとまだまだ半袖で過ごせる様な

例年に無く暖かい日が続いていますが、

これから先、急な気温の低下などによって、

例年ぎっくり腰になってしまう方も多くなると言われています。

 

何気ない動作で突然起こってしまうこともあり、

一度経験された事がある方はその痛みの辛さを

考えると怖いのではないでしょうか?

また、スポーツ活動中でも発症するケースは

しばしばありますので、「運動しているから大丈夫」

とも言えないのがギックリ腰の怖さです。

shutterstock_225404512

 

ぎっくり腰とは

正式には「腰椎捻挫」「筋・筋膜性腰痛」などとも呼ばれ、

ふとした瞬間に腰が急激な痛みに襲われる症状です。その原因は様々。

 

腰背部の筋肉・神経・関節が急激な負荷や

過度な緊張、疲れに絶えきれずに起こしてしまう事などが、

大きな原因と言われています。

 

また、運動不足や肥満、全身の疲れなどによって

筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事も原因

の1つとして考えられています。

 

ぎっくり腰を発症してしまう主なケース

・中腰で物を持ち上げたり、急に立ち上がろうとした時

・歯磨きや顔を洗う際などに前かがみになった時

・物を取ろうとして身体を捻った時

・寒いところで仕事をした時

・野球やゴルフのスウィングで腰をひねった時

などなど、何気ない動作で起こる事も多い様です。

 

その他、腰へ負担がかかる姿勢を長く続けた場合。

こちらのリンク↓

 腰への負担がかかる姿勢も参考にされてみてください。

 

もしぎっくり腰と思われる症状になってしまったら

1)一先ず安静に過ごしましょう

まともに動く事はおそらく難しいと思われますが、

楽な姿勢を取り、しばらくは安静にしましょう。

大抵の場合2〜3日もすれば、

徐々に動く事が可能になってくると思います。

 

原因などが気になる方はそこから病院等で

診察を取ってもらうと良いと思われます。

 

どうしても仕事を休めないとか

予定をキャンセル出来ないなどの場合は、

近くの専門医などで見てもらい、

症状を軽減出来る事もありますが、

やはり安静が第一です。

 

2)冷やす

症状が発生して直ぐは冷やす事によって得られる効果

「痛みの抑制」、「代謝を抑える事による痛み拡大の防止」

を目的にまずは、冷やす事が大切です。

氷水などを入れたビニール袋を痛む箇所にあて、

15〜20分を目安に1〜2時間の間隔を空けて

痛みが軽減される24〜72時間ぐらいを目安に

行うと良いと言われています。

shutterstock_152026376

痛みが回復してきたら、

徐々に痛みが軽くなってきたら、

慎重に体を動かしながら、

ストレッチングやマッサージなどを

取り入れたケアを行って行く事にしましょう。

もちろん、無理をしない事が大前提です。

このあたりから、体を温める事も大切になってきます。

 

ギックリ腰の症状として、

注意しないと行けない点は、

足のシビレ

足の感覚が麻痺している

2〜3日経過してもまったく痛みが引かない

などの症状がある場合は、

椎間板ヘルニアや圧迫骨折、滑り症、

また、他に内科的な疾患が隠れている場合もあります。

その様な場合は、

必ず病院で一度診察をしてもらう事をお勧めします。

 

 

ぎっくり腰を繰り返さない為にも、

痛みが無くなってしまった事で安心して、

いつもの生活に戻ってしまい、再発する方も多くいます。

ぎっくり腰になってしまった原因を

根本的に治して行かない限り、

再発のリスクは高く、

オススメなのは、

日常の姿勢や動作、

筋力のアンバランスなど一度専門家に見て

もらい根本的な対策を行っていく事です。

 

また、定期的な運動習慣と

運動前後のウォーミングアップや

クーリングダウンも欠かさずに行うなども

大切になります。

shutterstock_167027156

是非意識して取組んで行きましょう。

 

トータルボディケア &GRACEでも

BodyCareパーソナルトレーニング

腰痛防止に向けた対策も行ていますので、

気になる方は是非ご連絡ください。

 

それでは。

 

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

2015年09月23日

腰痛と腰に負担がかかる姿勢

日本人男性が普段抱える

自覚症状の中で最も多いとされる「腰痛」。

(女性では1位が肩こり。2位が腰痛)

※国民生活基礎調査より

 

その80〜85%以上が原因が特定されていない、

いわゆる慢性型腰痛(筋筋膜性腰痛)です。

 

腰痛の要因には幾つか考えられますが、

・腰に負担がかかる姿勢の繰り返し

・長時間に及ぶ同一姿勢

・運動不足によるもの

(腹筋や背筋等の筋アンバランス)

・日常生活の癖

・冷え症

・精神的なストレス

など

 

その中の「腰に負担がかかる姿勢」を、

姿勢別に見てみると

1番目にリスクが高いのが、座位前屈み姿勢

2番目にリスクが高いのが、直立前屈姿勢

 

3番目にリスクが高いのが、イスに坐った姿勢

そして

4番目にリスクが高いのが、直立姿勢

そして横になった姿勢という具合になります。

 

4番目の直立姿勢での負荷を1とすると

座位前屈み姿勢は2.75倍も椎間板内圧が高く

なると言われています。

 

 

images

 

イスに座った姿勢が直立姿勢よりも高くなる事が

意外と思った方も多いのではないでしょうか?

普段デスクワークが多い方などは要注意ですね。

 

この様に腰へ過度な負担をかけてしまう姿勢を

長時間継続、繰り返しする事によって

背骨や骨盤に歪みを生じさせ、

腰背部の筋肉が次第に硬くなり、

結果的に腰への痛みとして表面化してくる事になります。

 

腰痛へのリスクを少し低下させる為にも

普段の生活の中で、姿勢を少し意識しながら、

取組んでみてはいかがでしょうか?

 

生活様式を変更していく事はなかなか難しいですが、

少し意識するだけでも状況は変わっていくと思います。

 

 

それでは。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
トータルボディケアサロン &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8 SOLD-D
TEL:093−741−3235
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

&GRACE内GROUNDRULE.が美容と健康の情報をお届けするブログ

北九州市の学術研究都市「ひびきの」にあるサロン&GRACEは、八幡西区折尾則松へと移転・リニューアルオープン致しました。

日本体育協会公認アスレティックトレーナーや米国NASM公認資格など専門知識をもつトレーナー自らが、男性女性のパフォーマンスアップのための豆知識やトレーニングなどの最新情報をブログにて発信しております。お客様はもちろん、プロからジュニアアスリートまでが参考にできるお役立ち情報満載です。
当サロンの1Fではスポーツトレーナーによるパーソナルトレーニングやグループトレーニング、栄養コンシェルジュによる栄養相談、スポーツアロマトレーナーによるスポーツアロママッサージをうけることができ、2Fではエステやボディリンパマッサージ、タラソテラピーを使用したメニューなど美容を追求した女性専用サロンがございます。
&GRACEは、カラダ作りからお顔やボディの美と健康、心の癒しまでトータルにサポートさせていただくことができるサロンとなっておりますので、ブログを見て気になった方は是非足をお運びください。

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved