ヘッダー画像

2F BLOG

2015年09月17日

【宮古ビデンスピローサ】研修at武蔵野免疫研究所②

前回はビデンスピローサという植物について
お伝えしましたが

今回は島のやっかいものいえる「ビデンスピローサ」と
多数の特許をもつ「宮古ビデンスピローサ®」の

違いについてお伝えします。

 

まず結論からいうと
その違いは
1、宮古島の特異な自然環境

2、活自然農法
3、加工方法
にあります。

 

以下はその説明です。

 

***************************

 

1、宮古島の特異な自然環境について

 

前回のブログでもお伝えした様に

宮古島は珊瑚礁が隆起してできた島で

高低差が少なく、日本では珍しい弱アルカリ性の土壌で保水力もなく

さらに本土よりも数倍強い紫外線と台風による塩害など、

植物にとってとても過酷な環境です。

 

そのため作物が育ちにくく、多くの農家さんが

さとうきびの生産や宮古牛の畜産に関わっています。

 

しかし、その過酷な環境がビデンスピローサの持つ生命力を

引き立たせ、実際に他の国や地域で育ったものとの分析結果を比べてみても

成分が異なる要因となっているようです。

 

そして、そのこだわりは育成する畑を決める事から始まります。

 

実際に見せていただいた畑がこちら

ビデンス畑

 

大きな畑で大規模に栽培しているのではなく
個々の契約農家さんの畑で育ててもらっており
種を採る畑
育苗の畑
栽培する畑
の3種類の畑が宮古島の中に点々とあるそうです。

 

その畑も、誰でもどこでもいいわけじゃなく
選ぶ基準もきちんと決まっていて
交通量や周りの環境
土の検査などの厳しい検査を経て

なおかつ月一回の協議会にきちんと参加し栽培方法等を
きちんと守ってくださる農家さんとだけ契約

という徹底ぶり!!

 

そのようにこだわりぬいて作られたものだけが
宮古ビデンスピローサ®
とよばれ、私たちの元に届けられます。

 

畑では研究員の方から
栽培に関する話
とくに土に対する想いを聞きました。

 

畑の場所を慎重に選ぶのも土のため

宮古島の自然だけがもつパワーをしっかり吸収させるためです。

 

武蔵野免疫研究所では、活自然農法という農法を用いて

ビデンスピローサを栽培しています。

 

無農薬・無化学肥料のオーガニックよりもさらに厳しく

無堆肥でビデンスピローサのもつ生命力を極限まで引き出します。

そのぶん成長は遅く、年に何度も収穫できませんが

内容の濃いビデンスピローサが育ちます☆

実際に道端に生えているビデンスピローサと
畑に生えている宮古ビデンスピローサの葉を
食べ比べてみました。
ビデンス食べ比べ(右側が宮古ビデンスピローサです)

 

場所にして道路一本はさんだだけのビデンスピローサなのに
葉の厚み・色・葉脈の太さなど目に見えて違います。

 

そしてお味の方は、、、
これもびっくりするほど味が違いました!

 

宮古ビデンスピローサ®は渋みの中に
さわやかなキレのいい後味というか。。
最後に口に残るのはビデンスティーを飲んだ時の後味と同じような感じ。

 

道端のビデンスピローサは
なんだか苦くてぼんやりしててとにかくまずい。。

やっぱり手間ひまかけると違うんですね。

自分の目で見て味わって納得の見学ツアーでした。

 

そしてさらに研究所の方々から
宮古島の自然に対する熱い想いと地道な研究結果についてお話を伺い
特許取得の加工方法がその生命力を最大限に引き出してくれていると知りさらに納得。
そんなたくさんの方々の手を通して
ビデンスシリーズはようやく私たちのもとに届くんですね。

 

ビデンスタブレット ティー

 

 

これからはビデンス製品を口にするとき
さらに愛着がわきます♡

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、

宮古ビデンスピローサ®の魅力☆

これだけではお伝えできてないことも多いので
もっと詳しく知りたいという方はぜひご来店または

下記までお問合せください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
トータルボディケア & GRACE
http://www.grace-refle.com/

info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8 SOLD-D
TEL:093−741−3235
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved