ヘッダー画像

1F BLOG

2016年09月14日

高校バスケ部トレーニング指導

週末から2日間、先月FMS(FunctionalMovementScreen)を実施した

高校バスケットボール部のトレーニング指導に行って来ました。

 
img_1144_2

 

○以前のブログ↓

高校バスケ部へFMS(ファンクショナル ムーブメント スクリーン)

 

学校に到着してまず驚いたのが、事前にお送りしていたFMSのフィードバックシートを

「生徒達が確認が出来る様に!」と、壁に張り出されていた事です。

部内でお互いの動きの強み、弱みが共有化され、

普段のトレーニングに取り組んでいる。。。凄く感激しました。

 

トレーニングを積んで行く上で、

一人一人が自分のカラダを認識していく事はとても大切ですね!

 

今回、担当させて頂いたトレーニングは、

  • 静的、動的なストレッチを含めたウォーミングアップ(プリパレーションタイム)
  • 安定した動作・当たりに負けないカラダに必要な体幹トレーニング

いずれも、FMSの結果で改善や強化が必要と思われたモビリティやスタビリティ要素

それぞれの動きに考慮しながらトレーニングメニューを構成しました。

 

どのチームもウォーミングアップや体幹トレーニングは

普段から練習に取入れているところは多いと思います。

 

しかし、

なぜこのトレーニングが必要なのか?(Why?)

何の目的で行なうのか?(What?)

どの様な方法で行なうとより良くなるのか?(How?)

を理解して、普段から意識的に取り組むだけで、

1ヶ月後、1年後の成長は大きく異なってきます。

 

競技に直接紐づかないトレーニングは、ついつい質を落としてしまいがちですが、

今回のトレーニングをきっかけにWhy?What?How?の理解を

少しづつ深めて行って頂けたらよいですね。

 

また、体幹トレーニングでは、普段の練習で行なっているベーシックな方法に加え、

負荷や不安定性を加えて段階的に難易度を上げるProgression(プログレッション)方法と

徐々に負荷を減らし、安定性を高めて難易度を落とすRegressio(リグレッション)方法の

パターンを幾つか学んで頂きました。

 

高校生たちも、今回のトレーニングに真剣に向き合って頂き、指導する私も熱くなりました。

トレーニングも考えながら行なう!

これからの成長が本当に楽しみです。

 

shutterstock_326061359

 

競技パフォーマンスを向上していく上で、

技術、パワー、スピード、持久力といった要素はとても重要です。

その土台となる柔軟性や安定性、これらを上手くコントロールし、

ケガを起こしにくいカラダ、動けるカラダへと準備していく事もさらに大切です。

 

&GRACEではケガを起こしにくいカラダ、動けるカラダの土台づくりをしっかり行い

「日常生活の向上」から「競技パフォーマンスアップ」まで、

皆様のサポートを真剣にさせて頂いております。

 

TRGTOP

 

パーソナルトレーニングをはじめ、

FMSを活用した動作のスクリーニングやトレーニング指導など、

チームへの出張も行なっていますので、

お気軽にお問合せください。

 

それでは。

 

—————————————————————–
トータルボディケア &GRACE
http://www.grace-refle.com/
info@grace-refle.com
住所:福岡県北九州市若松区
小敷ひびきの3丁目3−8−D
TEL:093−741−3235
—————————————————————–

ホームへ戻る・各メニューの詳細確認は写真をクリックしてください。

Copyright(c)TotalBodyCareSalon&GRACE All rights reserved